HOME > 学科・コース > ビジネス日本語学科

ビジネス日本語学科

日系企業への就職に必要な日本語を身に付ける

本校のビジネス日本語学科は、日本で就職したい人や母国において日系企業で働きたい人のための学科です。ビジネスで必要な日本語やマナーを学び、就職に有利な資格取得を目指します。

≫募集要項はこちら

就職サポート体制

本学科ではクラス担任を中心に、一丸となって皆さんの就職活動をバックアップします。最新の企業情報の分析をはじめ、エントリーシートの書き方や模擬面接はもちろん、入学直後から「礼儀・挨拶」「言葉づかい」「服装」などの具体的なマナーのアドバイスと、トレーニングをくり返し行います。

卒業時に専門士授与

本学科の卒業時に、日本で高い技術・技能を学んだことを証明する「Diploma-専門士」の称号が授与されます。本称号により、卒業後すぐに日本で就職できるのはもちろん、母国に一度帰国しても「人文知識・国際業務」などの在留資格で、日本での就労が可能です。また、卒業までに就職が決まらない場合でも、最長一年間、日本での求職活動と滞在が認められます。

インターンシップ制度

インターンシップとは、在学中に日本企業の職場を体験する「実務研修」です。本校で学んだ技能を実際の職場で試すことで、具体的な業界のしくみや職種を体感することができます。また、就職活動において企業との友好な接点づくりが図れるため、本校では特に力を入れています。

就職に必要な日本語能力の習得

本学科では、特に「発音」「文書作成」「対話力」の3つのスキルをベースに、日本のビジネスシーンで必要な「コミュニケーション能力」を身に付けます。さらに日本語独自の難しい表現なども楽しく学び、「伝わる日本語」から「美しい日本語」まで幅広く学習します。

「発音」トレーニング

正確な発音はコミュニケーションの第一歩です。聴きとりにくい発音は「伝える力」を半減させます。本校独自の発音トレーニングを繰り返し行うことで、正確な発音が身につき「伝える力」が向上します。

文書作成スキル

実務においては、日常的に日本語で報告書やビジネスレターなどを書く必要があります。今、日本企業ではこうした文書の作成能力を外国人社員にも求めています。経験豊かな講師が、正確な日本語の文章構成法をもとに、丁寧に日本語文書作成法を指導します。

資格検定~まずは日本語能力試験N1取得~

日本での就職を希望する場合、日本語能力試験-N1の合格は必須です。高い合格率で定評のある本校の日本語能力試験対策授業で、一年次のN1合格を目指します。N1合格後はビジネスに役立つ各種資格の取得を目指します。

【取得資格の例】
日本語能力試験N1、BJTビジネス日本語能力テスト、コミュニケーション検定、ビジネス能力検定、ビジネス文書検定、TOEIC、Excel/Word検定、日商簿記、秘書検定

カリキュラム

科目系列 授業科目 1年 2年
日本語関連科目(必須) 日本語発音トレーニング 2 2
日本語文法 4  
文法演習   4
語彙表現 4  
語彙表現演習   2
聴解 2  
日本語講読 2  
日本語精読   4
文章表現 4  
日本語能力試験対策 4  
ビジネス関連科目(必須) ビジネス基礎 2 2
ビジネス会話 2 2
ビジネスマナー   2
ビジネス文書   2
経済事情   2
Windows演習   2
資格検定対策   2
コミュニケーション科目(必須) コミュニケーション 4  
スピーチトレーニング   2
プレゼンテーション 2 2
選択科目(8単位) 応用会話 4  
日本事情 4  
日本文化   4
表現活動 4  
企業研究   4
英語コミュニケーション 4 4
その他 就職対策 2 2
課外授業/特別授業 2 2
※インターンシップ 2 2

時間割例

 
1 就職対策 言語知識/文法 異文化適応力 言語知識/文字・語彙 ビジネスITスキル
2 検定対策 言語知識/文法 異文化適応力 読解演習 ビジネスITスキル
3 検定対策 ビジネス文書 漢字検定 メディアリテラシー 簿記
4 英語 ビジネス文書 英語 ビジネス経済応用 簿記
5 英語   英語 ビジネス経済応用  

≫募集要項はこちら

 

ページの先頭へ戻る