HOME > 学校紹介 > 理事長・学園長挨拶

理事長・学園長挨拶

『国際交流拠点でトップレベルの日本語力を』

CBCは1948年の創立以来、定評ある語学教育を基盤に最適の教育環境と教職員によるきめ細かいサポートで満足度の高い教育を提供してきました。卒業生は、国際的なあらゆるビジネス・シーンで評価される力を身につけ、各国の政治・経済・産業・教育・メディア等さまざまなフィールドで活躍しています。

2011年、日本の東北地方は大きな災禍に見舞われましたが、本校は、万全の耐震・防災・治安対策とバリアフリー・エコロジーにも十分配慮された校舎で、あらゆる面で影響を受けることなく、学生たちは安全安心な環境で学習を続けています。

現在、日本は驚異の底力とスピードで新たな再生に挑戦しています。そして日本企業は、グローバル戦略を一段と進めるべく、積極的に生産やサービス拠点を海外に展開しています。それに伴い、留学生の採用枠は大きく広がり、ワールド・ビジネスにおける日本語の重要性は以前にも増して注目されています。

CBCの校歌に「言葉の虹かけて」の一節があります。国際ビジネスを含め、経済発展や文化交流は、お互いを理解しようとする心と言葉が築き上げます。学校や日々の生活で日本語に触れ、日本語能力試験"N1"等にチャレンジすることは、日本文化と日本人への理解を何より深めます。また、CBCには、3~5ヶ国語を話すマルチリンガルな学生も多く入学してきます。様々な国の学友とキャンパスを共有することは、多様な価値観を知り、各国との相互理解と視野を広げ、皆さんの豊かなキャリア形成に大きく役立つことを確信します。

就職・進学・起業と卒業後の進路はさまざまですが、CBCはいつでも国際交流拠点として、逞しく成長された皆さんを暖かく迎え、支援し続けられることが願いであり、それが誇りでもあります。

学校法人 深堀学園 理事長
外語ビジネス専門学校 学校長
深堀 和子

ページの先頭へ戻る